お電話で
無料相談
075-353-4116無料電話

受付時間 10:00~17:00(土日祝除く)

24時間
無料相談
予約
お問い合わせメール LINE

【交通事故Q&A】<交通事故の治療費>保険会社から健康保険を使って欲しいと言われたのですが?

<交通事故の治療費>保険会社から健康保険を使って欲しいと言われたのですが?

相手が任意保険に入っている場合、労働者の業務中か通勤中の事故でなければ、治療費の主な支払方法は次の3つです。

  1. 健康保険を使わない自由診療にして、保険会社が病院に直接支払う
  2. 健康保険を使って、保険会社が被害者の自己負担分を病院に直接支払う
  3. 健康保険を使って、被害者が自己負担分を支払って後で保険会社に請求する

1 健康保険を使わない自由診療にして、保険会社が病院に直接支払う

被害者に過失割合がない場合には、この方法を採るのが一般的です。

保険会社と病院が直接やり取りしますので、被害者としては面倒な手続きをする必要がありません。

2 健康保険を使って、保険会社が被害者の自己負担分を病院に直接支払う

被害者に過失割合がある場合、治療費のうち自分の過失分については、示談の際に精算する必要があります。

多くの場合、保険会社が病院に治療費の全額を支払った上で、示談の際に支払う慰謝料等から差し引きます。

健康保険を利用すると、自由診療よりも治療費が安くなるので、後から差し引かれる額が少なくなり、経済的には得になります。

ただし、被害者としては健康保険で手続きを取らないといけない分、若干面倒があります。

また、一部の病院や整骨院は、交通事故の健康保険での治療を認めなかったり、交通事故用の診断書の作成を渋ったりしますので、注意が必要です。

なお、健康保険の利用は認めるが、保険会社が被害者の自己負担分を病院に直接支払うことを認めないという病院もあり、その場合には3の方法を採る必要があります。

3 健康保険を使って、被害者が自己負担分を支払って後で保険会社に請求する

被害者が健康保険の自己負担分を病院の窓口で支払って、領収証を保険会社に提出して支払ってもらう方法です。

一旦治療費を立て替える必要があるのが一般的ですが、病院に請求書を発行してもらって、保険会社に提出して、被害者が保険会社から治療費を受け取って、病院に支払うという形を認める病院もあります。

なお、医療費の自己負担額が一定の金額(自己負担限度額)を超えた場合に、払戻しを受けられる高額療養費制度がありますので、入院等で治療費がかさむ場合にはこの制度の利用を検討する必要があります(保険外併用療養費の差額部分や入院時食事療養費、入院時生活療養費の自己負担額は対象になりません。)。

無料相談の申込の流れ

STEP01

まずはお電話にてお申し込み下さい

お電話、メールフォーム、LINEにて無料相談のご予約をお受けいたします。
お電話の受付時間外の場合は、メールフォーム、LINEにて「交通事故の無料相談」とお伝えいただければ翌営業日に折り返しご連絡させていただきます。

STEP02

ご相談内容やご相談方法のヒアリングをさせて頂きます。

交通事故専門のスタッフが、交通事故の状況・お怪我の状況等について、簡単にお話を伺います。相談の前にお話を伺うのは、お客様がお聞きになりたいことをきちんとご説明するために、事前に調査をさせて頂きたいからです。続けて、お電話での無料相談を希望されるか、事務所での無料相談を希望されるかを伺い、相談日時を決定します。

STEP03

無料相談の実施

無料相談では、お客様の置かれた状況やお困りのことを伺った後、交通事故の流れ、後遺障害等級の見込み、慰謝料の増額幅について、分かりやすく説明しています。
ご依頼頂いた場合の弁護士費用についてもご説明させて頂きますが、ご相談だけで終了し、ご依頼を頂かないということでも構いません。ここまでのステップに関しましては、すべて無料ですので、ご安心ください。ご依頼頂く場合には、契約書を作成します。お電話での無料相談の場合には、契約書をご郵送させて頂くことも可能ですので、事務所にお越し頂かずにご依頼頂けます。

無料相談をご希望される方はこちら

電話での簡単な依頼で解決される方も多数!お気軽にご相談ください!

お電話で
無料相談
075-353-4116

受付時間 10:00~17:00(土日祝除く)

24時間
無料相談
予約
お問い合わせメール LINE

LINXは京都・四条烏丸の事務所です。
新町通四条下るCUBE西烏丸4階