お電話で
無料相談
075-353-4116無料電話

受付時間 10:00~17:00(土日祝除く)

24時間
無料相談
予約
お問い合わせメール LINE

【解決実績】【死亡事故】20代の大卒女性に8500万円超の慰謝料・逸失利益が認められた事例【慰謝料】

【死亡事故】20代の大卒女性に8500万円超の慰謝料・逸失利益が認められた事例【慰謝料】

事故の内容

大学を卒業して働いていた20代の女性が、死亡事故で亡くなりました。

相談のきっかけ

加害者の対応が不誠実であるとのことで、ご両親がご相談にいらっしゃいました。

保険会社の主張

保険会社からは提示がなく、リンクスの方から損害賠償額を提示することになりました。

リンクスの弁護士の活躍ポイント

リンクスの弁護士は、ご本人が事故に遭わなければ手に入れていたであろうキャリア、結婚・妊娠・出産といった人生を歩めなかったご本人の無念さ、ご本人の今後の人生を見ることが叶わなかったご両親の悲しみをできる限り評価してもらえるよう、次のような考えのもとで損害を計算の上、交渉しました。

① ご本人が得られたであろう収入(逸失利益)を計算するにあたっては、今後のキャリアを踏まえた金額とすべきこと

② 死亡慰謝料についてはご本人の無念さやご両親の悲しみを十分に考慮した金額とすべきこと

保険会社の主張

保険会社は、

① ご本人が得られたであろう収入(逸失利益)について、一定程度リンクス側の主張を認めたものの、

② 死亡慰謝料についても独身女性であるとして2000万円であるとして、

7000万円程度の損害賠償額を提示してきました。

示談金額

リンクスの弁護士は、保険会社に対し、刑事裁判の証拠等を提出するなどして、大幅な増額を求めました。

その結果、

① ご本人が得られたであろう収入(逸失利益)については、ほぼリンクス側の主張を認め、

② 死亡慰謝料についても示談での慰謝料としては上限に近い2500万円を認め、

8500万円を超える示談金の支払に応じました。

裁判による増額の可能性もありましたが、心穏やかに過ごしたいというご遺族の希望もあり、示談で終了することとなりました。

この解説の筆者(担当弁護士)

弁護士 藤川真之介
弁護士法人法律事務所リンクス(京都弁護士会)代表弁護士。交通事故の被害者の救済に取り組む。特に後遺障害等級の獲得に注力し、担当した裁判例が交通事故専門誌「自保ジャーナル」2048号に掲載。京都大学法学部卒業。2007年弁護士登録(登録番号35346)。

無料相談の申込の流れ

STEP01

まずはお電話にてお申し込み下さい

お電話、メールフォーム、LINEにて無料相談のご予約をお受けいたします。
お電話の受付時間外の場合は、メールフォーム、LINEにて「交通事故の無料相談」とお伝えいただければ翌営業日に折り返しご連絡させていただきます。

STEP02

ご相談内容やご相談方法のヒアリングをさせて頂きます。

交通事故専門のスタッフが、交通事故の状況・お怪我の状況等について、簡単にお話を伺います。相談の前にお話を伺うのは、お客様がお聞きになりたいことをきちんとご説明するために、事前に調査をさせて頂きたいからです。続けて、お電話での無料相談を希望されるか、事務所での無料相談を希望されるかを伺い、相談日時を決定します。

STEP03

無料相談の実施

無料相談では、お客様の置かれた状況やお困りのことを伺った後、交通事故の流れ、後遺障害等級の見込み、慰謝料の増額幅について、分かりやすく説明しています。
ご依頼頂いた場合の弁護士費用についてもご説明させて頂きますが、ご相談だけで終了し、ご依頼を頂かないということでも構いません。ここまでのステップに関しましては、すべて無料ですので、ご安心ください。ご依頼頂く場合には、契約書を作成します。お電話での無料相談の場合には、契約書をご郵送させて頂くことも可能ですので、事務所にお越し頂かずにご依頼頂けます。

無料相談をご希望される方はこちら

電話での簡単な依頼で解決される方も多数!お気軽にご相談ください!

お電話で
無料相談
075-353-4116

受付時間 10:00~17:00(土日祝除く)

24時間
無料相談
予約
お問い合わせメール LINE

LINXは京都・四条烏丸の事務所です。
新町通四条下るCUBE西烏丸4階