遺産・預金の使い込みの返還を求めたい

遺産の使い込みはどのように証明すればよい?

遺産・預金の使い込みとは何か?

遺産・預金の使込みとは、預金の名義人の財産管理能力が低下しているのをいいことに、預金を無断で引き出してしまうことです。預金の名義人が亡くなった後で、遺産である預金の取引履歴を見た際に高額の不自然な出金が判明して問題となることが多いため、遺産の使い込みといわれています。

遺産・預金の使い込みの返還を求めるには?

遺産(預金)を使い込んだ人に対して、遺産・預金の使い込みの返還を求めるには、次の事実を証明する必要があります。
  1. 預貯金等が引き出されたり、解約されたりしたこと(引き出しの事実)
  2. 預貯金等が使い込まれた時期にその預貯金を管理していたこと(遺産の管理者であったこと)
  3. 預貯金等の遺産の引き出しや解約が被相続人の同意を得ずになされたこと(引き出しが無断であったこと)
①の引き出しの事実だけを証明してもダメです。 ②にあるように、預貯金等を引き出したことを証明しなければ、別の人が預貯金等を引き出した可能性が残るため、使い込んだ遺産である預金の返還を請求することはできません。 また、Aが預貯金等を引き出したとしても、本人の同意を得ていれば何の問題もありませんので、③のように、預貯金等の引き出しが無断であったことを証明する必要もあります。 逆に言えば、遺産を使い込まれたと言われている人は、①か②か③のどれかの反論に成功すれば、使い込みを否定することができます。 以下では、使い込まれた遺産の返還を求める人が①預貯金等の引き出しの事実、②遺産の管理者であったこと、③預貯金等の引き出しが無断であったことをどのように証明するか、反対に、遺産の使い込みの疑いを掛けられている人が①②③にどのように反論するかについて、説明させて頂きます。

動画でご覧になりたい方はコチラ

遺産である預金の使い込みの証明方法

1 引き出しの事実の証明

取引履歴の取寄せ

遺産である預金の使い込みを疑われている人が相続財産を開示してくれればよいですが、そう易々と自分が管理している相続財産を開示してくれるとは限りません。 また、その相続人が相続財産を開示してくれたとしても、巧妙に遺産が隠されている可能性がありますし、遺産を使い込んだことを認めない可能性があります。 そのような場合には、自ら預貯金等の取引履歴を取り寄せたり、銀行に調査を掛ける必要があります。 相続人の場合、預貯金等が存在する(した)金融機関名(と支店名)を知っていれば、その金融機関に開示請求することで、取引履歴を取り寄せることができますが、自分で金融機関所定の書類を集めなければなりませんので、面倒かもしれません。 弁護士の場合には、費用は掛かりますが、弁護士会を通じた照会によって、取引履歴を取り寄せることが可能です。

取引履歴の調査

取引履歴を取り寄せると、不自然な出金や解約がないかを調査することになります。 一度に多額の出金や継続的に不自然な出金があった場合、不必要な解約があった場合には、使い込みが疑われます。 取引履歴には様々な情報が集約されています。他の金融機関の被相続人名義の口座への振込履歴がある場合には、その金融機関に被相続人名義の口座が残っている可能性が考えられますし、被相続人が年金受給者であったにもかかわらず取引履歴に年金の入金記録がない場合には、やはり他の金融機関に被相続人名義の口座がある可能性が考えられます。 このような相続財産を綿密に調査するには、証拠読みのプロである弁護士が必要です。

2 遺産の管理者の証明

遺産の使込みを追及したい側の証明

その人が遺産を使い込んだことを証明しなければ、別の人が遺産を使い込んだ可能性が残るため、使い込んだ遺産を返還するよう請求することはできません。 とはいえ、遺産を使い込んだことを直接証明することは難しいことが多いので、遺産が使い込まれた時期にその遺産を管理していたことを証明することで、別の人が遺産を使い込んだ可能性を否定することが必要となります。 遺産である預金の使い込みの時期にその遺産を管理していたことについては認めてくれる場合も多いです。 また、遺産である預金を管理していたことを否定したり、覚えていないという場合でも、被相続人自身に遺産の管理能力がなく、遺産の管理を任せられる人が被相続人と同居していたという状況であれば、遺産の管理者であったことは否定できないでしょう。 被相続人に遺産の管理能力がないかどうかについては、医療機関の診療録や介護に関する記録等で証明することになります。

遺産の使込みを疑われている側の反証

反対に、遺産の使い込みを否定したい側としては、 ・遺産の使い込みがあったとされる時期に遺産を管理していたのは被相続人本人であったこと(その時期の本人には遺産の管理能力があったこと) ・遺産を管理していたのは同居していた別人であったこと などを証明して、反論していくことになります。

3 無断引き出しの証明

1の引き出しの事実と2の遺産の管理者であった事実が証明されれば、預貯金等の引き出しの事実はほぼ明らかとなったことになります。 しかし、預貯金等を引き出していたとしても、本人の同意を得ていれば何の問題もありませんので、無断の引き出しであったことを証明する必要があります。 もっとも、1の引き出しの事実と2の遺産の管理者であった事実の証明によって、預貯金等の引き出しはほぼ明らかとなっているわけですから、遺産の使い込みを否定したい側としても、被相続人にどのような形で預貯金等の引き出しの了承を得ていたのかを積極的に明らかにしていかなければなりません。 例えば、 ・本人からその都度了承をとっていたのか、包括的な了承を得ていたのか ・引き出した預貯金等を本人等に渡していたのか、渡しはせずに本人のために使用していたのか ・本人のために使用していたとすれば、その使途は何だったのか ・贈与を受けたのだとすれば、贈与の証拠は何なのか などを説明する必要があります。

遺産相続に強い弁護士への無料相談が必要

このように、遺産隠し・使込みには様々な難しい問題がありますので、遺産相続に強い弁護士への無料相談をされることをお勧めしております。 遺産相続の専門家には、弁護士のほかに、司法書士、税理士がいます。 司法書士は登記の専門家、税理士は税の専門家ですが、法律や交渉の専門家ではないため、法的に難しい問題が生じた場合や交渉が必要な場合に対応ができません。 弁護士は、遺産相続の手続にも紛争にも精通しておりますので、遺産相続の最初から最後までトータルサポートさせて頂くことが可能です。 法律事務所リンクスでは遺産相続問題に強い弁護士が無料相談を実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

弁護士費用について

このコンテンツの監修

藤川真之介 弁護士の写真

弁護士法人法律事務所リンクス
代表弁護士 藤川 真之介

ページトップに戻る

無料相談の申込の流れ

  1. まずはお電話にてお申し込み下さい
    お電話、メールフォーム、LINEにて無料相談のご予約をお受けいたします。
    お電話の受付時間外の場合は、メールフォーム、LINEにて「相続の無料相談」とお伝えいただければ翌営業日に折り返しご連絡させていただきます。
  2. ご相談内容のヒアリングをさせて頂きます
    専任のスタッフが現在のご状況等について簡単にお話を伺います。
    相談の前にお話を伺うのは、お客様がお聞きになりたいことをスムーズにご説明するために事前に調査をさせて頂きたいからです。
  3. 無料相談日時の決定
    日程をお伺いして、無料相談の日時を決定させて頂きます。
    もちろんオンライン面談も可能です。
    ご依頼頂いた場合の弁護士費用についてもご説明させて頂きますが、ご相談だけで終了し、ご依頼を頂かないということでも構いません。
    ここまでのステップに関しましてはすべて無料です。
    ご依頼いただく場合は契約書を作成し、今後の方針や進め方について具体的にご説明させて頂きます。
    無料相談の日時が決まりましたら、京都四条烏丸または滋賀大津駅前のオフィスにお越し頂いて相談を実施します。
    もちろんウェブ相談も可能です(ウェブ相談について詳しくはコチラ)。

無料相談のみで解決
される方も多数
お気軽に
ご相談ください。

  • 京都四条烏丸
  • 滋賀大津駅前

アクセス

LINXは京都・四条烏丸の事務所です。
新町通四条下るCUBE西烏丸4階

詳しく見る

アクセス

LINXは滋賀大津駅前北口徒歩1分。
日本生命大津ビル6階

詳しく見る