遺産相続の優先順位と法定相続分

遺産相続の優先順位

民法が定める「法定相続」のルールにのっとり、遺産を受け取る権利を持つ「法定相続人」になる権利があるのは、以下の人たちです。

  1. 配偶者
  2. 父母
  3. 兄弟姉妹
実際に誰が「法定相続人」になるかは、「相続順位」と呼ばれる優先順位に基づいて決まります。

配偶者は常に法定相続人となる

亡くなった方の配偶者は常に法定相続人となり、相続する権利を持ちます。 ただし、ここで言う配偶者は法律婚をした人のみです。 内縁関係・事実婚の場合は法定相続人になれません。

配偶者以外の相続人は順位がある

配偶者以外の相続人には、亡くなった方との続柄に応じた相続順位(優先順位)があります。
第1順位 第2順位 第3順位
子(故人の場合は孫、孫も故人の場合はひ孫) 父母(故人の場合は祖父母、祖父母も故人の場合は曾祖父母) 兄弟姉妹(故人の場合は甥姪)
上の順位の人がいると、下の順位の人は法定相続人になれません。 例えば、亡くなった方に第1順位の子と第2順位の父母がいるケースでは、父母は法定相続人には該当しません。  

相続人ごとの相続割合のルール

法定相続では、相続人ごとに定められた「法定相続分」という相続割合に沿って遺産分割をします。
相続人のパターン 法定相続分
配偶者のみ 遺産の全部
配偶者と子 配偶者:1/2

子(第1順位):1/2

配偶者と父母 配偶者:2/3

父母(第2順位):1/3

配偶者と兄弟姉妹 配偶者:3/4

兄弟姉妹(第3順位):1/4

順位の同じ相続人が複数いるケースでは、相続分を均等に分割します。 例えば、配偶者と3人の子がいるケースでは、配偶者は1/2で、子は残りの1/2を均等に3分割するので一人あたり1/6が相続分となります。

パターン別に見る遺産相続順位と法定相続分

配偶者と両親がいる場合

配偶者が2/3、両親は残り1/3を父母で均等割しそれぞれ1/6を相続します。

詳しくはこちら:子供がいない妻や夫(配偶者)が知っておくべき遺産相続の注意点
詳しくはこちら:被相続人の親が知っておくべき遺産相続の注意点

配偶者と子2人がいる場合

配偶者は1/2、子は残り1/2を均等割しそれぞれ1/4を相続します。

詳しくはこちら:被相続人の子供が知っておくべき遺産相続の注意点

両親しかいない場合

配偶者と子が亡くなっており、両親しかいない場合は父母がそれぞれ1/2を相続します。

詳しくはこちら:被相続人の親が知っておくべき遺産相続の注意点

子が亡くなり、孫がいる場合(代襲相続)

子が亡くなっており、孫だけがいる場合は、孫が子の相続分を代わりに相続します。これを代襲相続と言います。

例えば、配偶者と長男、次男が亡くなり、長男には孫が1名(孫A)、次男には孫が2名(孫B、孫C)いる場合を考えてみましょう。

配偶者が亡くなっているため、長男と次男が生きていれば、遺産の全額を2人で均等割し1/2ずつ相続します。ところが、長男、次男ともに亡くなっていますので、長男の相続分である1/2を孫Aが代襲相続し、次男の相続分である1/2を孫B、孫Cで均等割しそれぞれ1/4を代襲相続します。

詳しくはこちら:被相続人の孫が知っておくべき遺産相続の注意点

子・孫が亡くなり、ひ孫がいる場合(再代襲相続)

配偶者と子・孫が亡くなっており、ひ孫だけがいる場合は、ひ孫が子・孫の相続分である遺産全額を相続します。これを再代襲相続と言います。
再代襲相続の権利は、孫、ひ孫、ひ孫の子……と、世代が下がっても続いていきます。

配偶者と兄弟姉妹がいる場合

配偶者、姉と弟がいる場合には、配偶者の相続分は3/4、姉と弟は残り1/4を均等割しそれぞれ1/8を相続します。

詳しくはこちら:被相続人の兄弟姉妹が知っておくべき遺産相続の注意点
詳しくはこちら:子供がいない妻や夫(配偶者)が知っておくべき遺産相続の注意点

配偶者と甥(姪)がいる場合(代襲相続)

配偶者と甥(姪)がいる場合には、配偶者の相続分は3/4、甥(姪)の相続分は、本来、自分の親である兄弟姉妹が相続するはずだった1/4を、兄弟姉妹に代わって相続します。これも代襲相続のひとつです。

なお、甥・姪の下の世代には、子の下の世代(孫、ひ孫など)が持つ再代襲相続の権利はありません。

詳しくはこちら:被相続人の甥姪が知っておくべき遺産相続の注意点

内縁の妻、内縁の妻とのあいだの子(認知済み)がいる場合

内縁関係・事実婚の相手は法定相続人になれませんが、内縁の妻とのあいだの子(認知済み)には相続権があるため、遺産全額を相続します。

詳しくはこちら:内縁の子供が知っておくべき遺産相続の注意点
詳しくはこちら:被相続人の子供が知っておくべき遺産相続の注意点
詳しくはこちら:子供がいる妻や夫(配偶者)が知っておくべき遺産相続の注意点
詳しくはこちら:子供がいない妻や夫(配偶者)が知っておくべき遺産相続の注意点
詳しくはこちら:複雑な相続関係をめぐるトラブル

子、愛人、愛人とのあいだの子(認知済み)がいる場合

配偶者が亡くなっており、長男、次男がいて愛人、愛人とのあいだの子(認知済み)がいる場合には、愛人は法定相続人になれませんが、愛人とのあいだの子(認知済み)は子と同様の扱いとなります。そのため、遺産は長男、次男、愛人とのあいだの子(認知済み)の3人で均等割し、それぞれ1/3を相続します。

詳しくはこちら:愛人の子供が知っておくべき遺産相続の注意点
詳しくはこちら:被相続人の子供が知っておくべき遺産相続の注意点
詳しくはこちら:子供がいる妻や夫(配偶者)が知っておくべき遺産相続の注意点
詳しくはこちら:子供がいない妻や夫(配偶者)が知っておくべき遺産相続の注意点
詳しくはこちら:複雑な相続関係をめぐるトラブル

配偶者と実の子、養子がいる場合

血のつながらない養子も、法律上は血がつながっているのと同様の扱いとなります。そのため、実の子と養子の相続順位は同じです。

ですから、配偶者と長男(実の子)、次男(養子)がいる場合には、配偶者が1/2、残り1/2を長男(実の子)と次男(養子)とで均等割しそれぞれ1/4を相続します。

詳しくはこちら:被相続人の子供が知っておくべき遺産相続の注意点

遺産分割協議や遺言書の内容は、遺産相続の優先順位に影響する?

遺産分割協議の優先順位と法定相続分

法定相続人が複数いる場合には、法定相続人全員で遺産の分割について話し合う「遺産分割協議」を行います。

法定相続人の優先順位は変更できない

法定相続人は、民法で定められた相続順位(優先順位)をもとに決まり、この内容は変えることができません。 遺産分割協議は、法定相続人の誰か一人でも欠けると無効となりますので、相続人調査は慎重に行いましょう。

法定相続分は変更できる

遺産分割協議で法定相続人全員の合意が取れれば、法定相続分と異なる相続割合での相続が可能です。 例えば、長男、長女、次男の3人が法定相続人の場合、全員の合意が取れれば、長男が遺産の全てを相続することも可能です。 詳しくはこちら:遺産分割協議とは?

遺言書の優先順位と相続分

遺言書があれば優先順位、相続分は変更できる

有効な遺言書がある場合には、遺言書の指定内容に基づいて相続します。つまり、遺言書には法定相続で定められた相続順位(優先順位)と相続分を変更できる力があります。

遺言書と違っても、遺留分によって最低限の遺産を請求できる

しかし、一定の範囲の相続人には、遺言書によっても変えられない最低限の遺産の保障があります。これを「遺留分」と言います。 一定の範囲の相続人とは、
  • 配偶者
  • 子(孫以下も含む)
  • 父母(祖父母以上も含む)
で兄弟姉妹は含みません。 ですから、もし「愛人に全額相続させる」と遺言書に書かれていても、配偶者や子、父母は最低限の遺産の受け取りを請求できます。 詳細はこちら:遺留分とは?相続人が遺産を最低限受け取れる権利のこと

まとめ

相続手続きを開始するにあたっては、法定相続人を確定させる作業が必要です。この法定相続人になれるかどうかは、亡くなった方との続柄を元にした相続順位で考えます。 法定相続人には、続柄ごとに定められた法定相続分がありますが、実際には、本記事でご紹介した「配偶者と両親」「配偶者と子ども2人」などの組み合わせ以外に、いくつものパターンがあります。特に、離婚や再婚、養子縁組をしている場合には相続人の確定、法定相続分の計算は複雑になりがちのため知識が必要です。

遺産相続に関するお悩みは弁護士の無料相談の活用を

また、相続では遺産分割協議や遺言書、遺留分といった問題への理解も必要なため、お悩みの場合には相続に詳しい弁護士に相談するのがベストです。

このコンテンツの監修

藤川真之介 弁護士の写真

弁護士法人法律事務所リンクス
代表弁護士 藤川 真之介

ページトップに戻る

無料相談の申込の流れ

  1. まずはお電話にてお申し込み下さい
    お電話、メールフォーム、LINEにて無料相談のご予約をお受けいたします。
    お電話の受付時間外の場合は、メールフォーム、LINEにて「相続の無料相談」とお伝えいただければ翌営業日に折り返しご連絡させていただきます。
  2. ご相談内容のヒアリングをさせて頂きます
    専任のスタッフが現在のご状況等について簡単にお話を伺います。
    相談の前にお話を伺うのは、お客様がお聞きになりたいことをスムーズにご説明するために事前に調査をさせて頂きたいからです。
  3. 無料相談日時の決定
    日程をお伺いして、無料相談の日時を決定させて頂きます。
    もちろんオンライン面談も可能です。
    ご依頼頂いた場合の弁護士費用についてもご説明させて頂きますが、ご相談だけで終了し、ご依頼を頂かないということでも構いません。
    ここまでのステップに関しましてはすべて無料です。
    ご依頼いただく場合は契約書を作成し、今後の方針や進め方について具体的にご説明させて頂きます。
    無料相談の日時が決まりましたら、京都四条烏丸または滋賀大津駅前のオフィスにお越し頂いて相談を実施します。
    もちろんウェブ相談も可能です(ウェブ相談について詳しくはコチラ)。

無料相談のみで解決
される方も多数
お気軽に
ご相談ください。

  • 京都四条烏丸
  • 滋賀大津駅前

アクセス

LINXは京都・四条烏丸の事務所です。
新町通四条下るCUBE西烏丸4階

詳しく見る

アクセス

LINXは滋賀大津駅前北口徒歩1分。
日本生命大津ビル6階

詳しく見る