遺産分割がまとまらない方

遺産分割協議をまとめるコツ

遺産分割協議をまとめるには?

遺産分割は抽象的な意見や感情を述べ合っているだけでは、残念ながら前に進みませんし、むしろ複雑化する危険があります。

遺産分割をまとめるには、必要な調査を漏れなく行い、遺産相続の理屈に基づいて議論を整理し、具体的な遺産分割案を提示することが大事になります。

具体的には、次のような作業が必要となります。

  1. 相続財産(預金等)を調査して確定する。
  2. 不動産の相続方法や評価額を決定する。
  3. 寄与分・特別受益などの論点があれば整理する。
  4. 各相続人の相続すべき割合を計算する。
  5. 具体的な遺産分割案を提示する。

なお、他の相続人から遺産分割の提案を受けている場合には、その提案が前提としている相続財産や評価額が正確なのか、遺産相続の理屈に則っているのか、相続割合の計算は妥当なのかを確認する作業をすることになります。

では、そもそも遺産分割協議がまとまらない理由とは何なのでしょうか。

動画でご覧になりたい方はコチラ

遺産分割協議がまとまらない理由とは?

遺産分割協議がまとまらない場合にはいくつかのパターンが考えられますが、大きく分けると、次の3つのいずれかが問題となっていることが多いです。

  1. 感情や人間関係が問題となっている
  2. 相続人の誰かが遺産を分けたくないと考えている
  3. 遺産の分割方法をめぐって争いがある

遺産分割協議を進めるには、こういった遺産分割協議を妨げている原因を取り除かなければなりません。

1 感情や人間関係が問題となっている

例えば、

・長男とその他の兄弟姉妹で意見に隔たりがある

・同居していた相続人とその他の相続人の意見が折り合わない

・相続人ではなくその妻や子供が相続についてうるさく言ってくる

・疎遠な相続人がいるため話が進まない

・相続関係が複雑でどうしていいか分からない

というような場合です。

このような場合には、相続人間で話し合いを続けていくと相続問題が複雑化し、解決できなくなる可能性があります。

また、遺産分割協議に時効や期限はありませんが、問題を放置して時間が経過すると、次のような様々なリスクが発生します。

・時間の経過とともに遺産が散逸してしまう

・相続人の方も亡くなってしまって相続関係が複雑になる

・相続税の申告期限に間に合わない

したがって、できる限り早く、遺産相続に詳しい弁護士の無料相談を利用して、遺産分割協議に弁護士を入れるかを検討し、遺産分割手続を開始することが望ましいことになります。

2 相続人の誰かが遺産を分けたくないと考えている場合

例えば、

・遺産の分割をしてしまうと家に住み続けられなくなるので引き延ばしたい

・遺産から上がる利益を独り占めしておきたい

・遺産を使い込んだことがばれてしまうので話し合いに応じたくない

というような場合です。

このような場合には、まず相続財産の調査をした上で、どのような問題が背景にあるのかを明らかにし、相続財産を保全する必要があります。

相続財産の保全が遅れると、あなたが受け取れるはずだった相続財産を受け取れなくなる危険があるからです。

したがって、このような場合にも、できる限り早く、遺産相続に詳しい弁護士の無料相談を利用して、相続財産の調査・保全の手続きを取り、遺産分割手続を開始することが望ましいことになります。

相続財産の調査について詳しく知りたい方は、「相続財産の調査がしたい」をご覧ください。

遺産の使い込みについて特に詳しく知りたい方は、「遺産の使い込みについて相談したい」をご覧ください。

3 遺産の分割方法をめぐって争いがある場合

例えば、

・不動産の相続か売却かが決まらない(不動産の遺産分割の問題)

・生前贈与を受けた相続人の相続割合が同じなのは不公平だ(特別受益の問題)

・自分の故人に対する介護等の貢献が相続で報われるべきだ(寄与分の問題)

というような場合です。

このような場合は、遺産分割の割合・方法に争いがあることになりますので、専門家である弁護士が間に入って遺産分割協議をする必要が高いです。

不動産の相続問題について詳しく知りたい方は、「土地や不動産の相続で困っている」をご覧ください。

生前贈与等の特別受益の問題について詳しく知りたい方は、「生前贈与が特別受益になるか知りたい」をご覧ください。

介護等の故人に対する貢献が寄与分となるか知りたい方は、「介護等が寄与分になるか知りたい」をご覧ください。

遺産相続に強い弁護士への無料相談が必要

このように、遺産分割協議には様々な難しい問題がありますので、遺産相続に強い弁護士への無料相談をされることをお勧めしております。

遺産相続の専門家には、弁護士のほかに、司法書士、税理士がいます。

司法書士は登記の専門家、税理士は税の専門家ですが、法律の専門家ではないため、法的に難しい問題が生じた時に対応ができません。

弁護士は、遺産相続の手続にも紛争にも精通しておりますので、遺産相続の最初から最後までトータルサポートさせて頂くことが可能です。

法律事務所リンクスでは遺産相続問題に強い弁護士が無料相談を実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

弁護士費用について

このコンテンツの監修

藤川真之介 弁護士の写真

弁護士法人法律事務所リンクス
代表弁護士 藤川 真之介

ページトップに戻る

無料相談の申込の流れ

  1. まずはお電話にてお申し込み下さい
    お電話、メールフォーム、LINEにて無料相談のご予約をお受けいたします。
    お電話の受付時間外の場合は、メールフォーム、LINEにて「相続の無料相談」とお伝えいただければ翌営業日に折り返しご連絡させていただきます。
  2. ご相談内容のヒアリングをさせて頂きます
    専任のスタッフが現在のご状況等について簡単にお話を伺います。
    相談の前にお話を伺うのは、お客様がお聞きになりたいことをスムーズにご説明するために事前に調査をさせて頂きたいからです。
  3. 無料相談日時の決定
    日程をお伺いして、無料相談の日時を決定させて頂きます。
    もちろんオンライン面談も可能です。
    ご依頼頂いた場合の弁護士費用についてもご説明させて頂きますが、ご相談だけで終了し、ご依頼を頂かないということでも構いません。
    ここまでのステップに関しましてはすべて無料です。
    ご依頼いただく場合は契約書を作成し、今後の方針や進め方について具体的にご説明させて頂きます。
    無料相談の日時が決まりましたら、京都四条烏丸または滋賀大津駅前のオフィスにお越し頂いて相談を実施します。
    もちろんウェブ相談も可能です(ウェブ相談について詳しくはコチラ)。

無料相談のみで解決
される方も多数
お気軽に
ご相談ください。

  • 京都四条烏丸
  • 滋賀大津駅前

アクセス

LINXは京都・四条烏丸の事務所です。
新町通四条下るCUBE西烏丸4階

詳しく見る

アクセス

LINXは滋賀大津駅前北口徒歩1分。
日本生命大津ビル6階

詳しく見る